忍者ブログ
201712162352
CATEGORY[]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


200805242204
CATEGORY[ひとこと]
080524_004.jpg
以前からモーニング2本誌やブログでもご紹介していましたが、映画・幻影師アイゼンハイムが本日公開です。
幻影師~マジシャンのお話、ということで、かねてよりとても気になっていた、美しい映画です。

僭越ながら、長見良もこの映画のパンフレットに登場させていただいています。
なんだか別の世界なせいか猫をかぶっているのか、なぜか全然違うキャラな部分もあるかと思いますが、
本人はそれもおかしがっているようです。
そしてまた、特にオートマタでの演技などマジックとしての見所もすばらしいですし、
映画としてはかなりラブストーリー寄りで、驚きの展開になっています。
皆さんもぜひ映画館に足をお運びください。
そして、よろしければパンフレットもご覧いただければと思います。
(この写真は宣材のものなので、実際のパンフレットとは違うものになっております)


引用ですがこのような内容の映画です。エドワード・ノートンの雰囲気がとてもいいですよ!

19世紀末のウィーンを舞台に、見事なイリュージョンで人々を魅了した天才幻影師と、皇太子との結婚を控えた公爵令嬢の禁断の愛を描いたラブストーリー。ピューリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの短編を新鋭監督ニール・バーカーが映画化。主人公の幻影師をエドワード・ノートン、彼と惹(ひ)かれ合う公爵令嬢を『NEXT ‐ネクスト‐』ジェシカ・ビールが演じている。当時の世相を加味したゴージャスでサスペンスフルな展開と驚きのラストシーンに注目だ。

魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、彼の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)が、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを観覧。しかし、アイゼンハイムとソフィの間には、幼い日に身分の違いが原因で引き裂かれた過去があった。
PR

コメント[2] 
<<ヤコブの梯子の演技の曲 | HOME |ファンタジウム通販サイト>>
コメント一覧
ぜひとも観たいのですが、私の住んでいる地域ではなんと上映していないんですよ~~!!! 
しかもパンフレットには良くんが出演の上、すごいお楽しみがかくされている!というのに手に入らないんです。(悲しすぎます)。

とにもかくにも全国拡大上映されるのを期待しています。
【2008/05/28 02:40】||mari#9a6c36664c[ 編集する? ]
こんにちは、わざわざお言葉どうもありがとうございます!
でも、上映されない地域にお住まいなんですね…全国に順番にでも上映が広がってくれればいいのですが。
パンフレットはなんと袋とじがありまして(珍しいですよね)そこにマジックのことが書かれていて、良も出演しているのです。猫かぶって。(笑)

上映館も拡大するようならまたお知らせしますね、皆様が映画を見ていただければ嬉しいのですが。
【2008/05/30 08:35】||北條#295223a275[ 編集する? ]
コメント投稿















<<ヤコブの梯子の演技の曲 | HOME |ファンタジウム通販サイト>>

忍者ブログ [PR]